ニコンにRFに自家現像に。彷徨い転向し続けるヒマジン


by nagaosi

モノクロフィルムは36枚撮りか、24枚撮りか。

c0112065_1341834.jpg

確か単焦点のニッコール24mmで撮影。
出かける前にD40(デジタル)に取りつけて、部屋で試してみました。

この日は京都の梅小路でSLの撮影に行くのでした。
フィルムカメラにするか、デジタルにするか、それだけでずいぶん迷ってしまいました。
そう、昨日風呂に入ってから、ずっと決められないまま。
カメラやレンズのことは、好きなだけ、たっぷり時間をかけて考える。
それは趣味なのだから、いっこうに構わないのだけれど、
待ち合わせ時間に遅れそうになるのは、精神的にもよくない。

結局、デジタルカメラ、フィルムカメラ、両方持って行くことにしたのでした。

追記:ふだんフィルムはトライX400の36枚撮りを使っています。しかし、この日はFEに広角レンズをつけての日中撮影でしたので、T-max100の24枚撮りを使用。
意外にも感度の違いはあまり気になりませんでした。カメラ側の設定を変えればそれで済むことですから。それよりも、36枚じゃなく24枚というのが、なかなか心地よい。
いつもの36枚撮りだと中途半端なところでフィルムが残ってしまい「早く自家現像したいのにまだ撮りきっていないから現像できない」というイライラに襲われます。しかし24枚撮りだと、最低でも一本はその日のうちに使い切れるでしょう。そして、その分、早く現像にとりかかることができます。当然ながら早く結果を知ることができるわけです。フィルム交換が増えて面倒かもしれませんが、交換もまた楽しみのひとつと考えましょう。それに万が一、フィルムの装填ミスや自家現像の行程で何らかの失敗をしても、24枚のほうが36枚よりダメージが少なくてすみます。
というわけで、36枚撮りフィルムより24枚撮りフィルムをおすすめします。
[PR]
by nagaosi | 2008-10-14 02:00 | D40